2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter

無料ブログはココログ

« [生きるアート 折元立身]展 TASUMI ORIMOTO ART×LIFE/ここにあるけしき−四つの小部屋から− | トップページ | JAMAIS VU -未視感-大森 暁生展 Akio Ohmori Exhibition 2016 »

2016.07.06

メアリー・カサット展 MARY CASSATT Retrospective

Photo
《眠たい子どもを沐浴させる母親》1880年 油彩、カンヴァス 100.3×65.7cm、ロサンゼルス郡立美術館蔵
Digital Image © 2015 Museum Associates / LACMA. Licensed by Art Resource, NY

 印象派を代表するアメリカ人女性画家メアリー・カサット(1844-1926)の、国内では35年ぶりの大回顧展が、横浜美術館(横浜・みなとみらい)で開催されている。

 21歳の時、画家をめざしてアメリカからパリに渡ったカサットは、古典絵画の研究から出発するが、エドガー・ドガ(1834-1917)から誘われ、印象派展に参加することになる。

 女性の職業画家がまだ少なかった困難な時代に創作活動を続けたカサットの生涯を、慈愛に満ちた母子像や明るい色彩の女性像を通して、知ることができる。

 本展では、カサットの油彩画やパステル画、版画、エドガー・ドガやベルト・モリゾ(1841-1895)など交流のあった画家たちの作品、さらに画家が愛した日本の浮世絵版画や屏風絵など併せて合計約100点が展覧できる。

メアリー・カサット展 
MARY CASSATT Retrospective

会期 2016年6月25日(土)-9月11日(日)

会場 横浜美術館
    横浜市西区みなとみらい3-4-1
    http://yokohama.art.museum/

休館日 木曜日 ※ただし2016年8月11日(木・祝)は開館             

開館時間 10時-18時(入館は17時30分まで) 
 ※夜間開館:2016年9月2日(金)は20時30分まで開館(入館は20時まで)

観覧料 一般1,600円/大学・高校生1,100円/中学生600円
     小学生以下無料/65歳以上1,500円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)
 ※ほかに割引制度あり。詳細は特設サイトまで。

特設サイト http://cassatt2016.jp/

主催 横浜美術館 NHK NHKプロモーション 読売新聞社
後援 横浜市
助成 駐日アメリカ合衆国大使館 テラ・アメリカ美術基金
協賛 大日本印刷
協力 全日本空輸 日本貨物航空 横浜高速鉄道株式会社 横浜ケーブルビジョン
    FMヨコハマ 首都高速道路株式会社

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

S
《バルコニーにて》1873年 油彩、カンヴァス 101.0×54.6cm フィラデルフィア美術館蔵
Courtesy of the Philadelphia Museum of Art, Gift of John G. Johnson for the W. P. Wilstach Collection, 1906

 1872年秋から約六か月間にわたるスペイン滞在中に訪れたプラド美術館で、ベラスケスと、とりわけセビーリャを代表するムリーリョに魅了された。《バルコニーにて》(1873年)は、セビーリャ滞在中に制作され、カサットは、本作で初めて男性像を描いたと述べている。

Photo_3
エドガー・ドガ《踊りの稽古場にて》1884年頃 パステル、紙(厚紙に貼付) 39.9×73.0cm ポーラ美術館蔵

 印象派を代表する画家エドガー・ドガは、サロン(官展)に出品されたカサットの作品に目が留まり、ドガはカサットを印象派へ参加するよう誘う。ドガはカサットをモデルとして作品制作を行っている。

Photo_6
《手紙》1890-91年 ドライポイント、アクアチント 34.6×22.5cm アメリカ議会図書館蔵
Image courtesy of the Prints & Photographs Division, Library of Congress


Photo_5
《沐浴する女性》1890-91年 ドライポイント、アクアチント 36.7×26.8cm ブリンマー・カレッジ蔵 Courtesy of Bryn Mawr College

 円熟期を迎えた1890年代に、カサットは浮世絵からインスピレーションを受けて多色刷り銅版画を制作している。メトロポリタン美術館に所蔵されているハヴマイヤー旧蔵の浮世絵版画の多くは、カサットが収集に関わっている。

S_2
《母の愛撫》1896年頃 油彩、カンヴァス 38.1×54.0cm フィラデルフィア美術館蔵
Courtesy of the Philadelphia Museum of Art, Bequest of Aaron E. Carpenter, 1970

 カサット特有の身体の量感表現で、母と子の触れあいを描いた《母の愛撫》(1896年頃)をはじめ、母のたくしまさと子どもの生命力を感じさせる母子像の作品群は、本展の魅力のひとつだ。

 関連イベントとして、シンポジウム(7月31日)、学芸員によるギャラリートーク(7月8日、8月5日、9月2日)、夜の美術館でアートクルーズ(7月13日、8月27日)などが用意されている。詳細については、特設サイトもしくは横浜美術館HPまで。

 メアリー・カサット展と同時開催されている横浜美術館コレクション展(2016年度第1期)では、世界コロンブス博覧会(1893年、シカゴ)でカサットが壁画を描いた婦人館に出品された女性画家渡辺幽香(1856-1942)の《幼児図》(1893年)が紹介されている。幽香は、初代五姓田芳柳(1827-1892)の娘で、草創期の洋画家、五姓田義松(1855-1915)の妹である。同コレクション展は、渡辺幽香をはじめ、上村松園、片岡球子、桂ゆき、田中敦子、福田美蘭、石内都、内田あぐり、遠藤彰子、辰野登恵子、松井冬子などの様々な分野の女性作家の作品を紹介している。
※企画展とは別観覧料。但し、企画展観覧当日に限り、企画展の観覧券でコレクション展も観覧できる。

メアリー・カサット展図録
Mary_cassatt_catalogue_yokobi_2016
2016年 NHK/NHKプロモーション刊
A4変形 約270×220×20mm
216ページ
全出品作品112点カラー収録
価格2,300円(税込)
横浜美術館ミュージアムショップにて販売中

« [生きるアート 折元立身]展 TASUMI ORIMOTO ART×LIFE/ここにあるけしき−四つの小部屋から− | トップページ | JAMAIS VU -未視感-大森 暁生展 Akio Ohmori Exhibition 2016 »

展覧会」カテゴリの記事