2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter

無料ブログはココログ

« 長編ドキュメンタリー映画『二十歳の無言館』 | トップページ | メアリー・カサット展 MARY CASSATT Retrospective »

2016.06.12

[生きるアート 折元立身]展 TASUMI ORIMOTO ART×LIFE/ここにあるけしき−四つの小部屋から−

Orimoto_01_kawasaki_2016
《パン人間の息子+アルツハイマー・ママ》1996年

 フランスパンを何本も顔に巻き付けたパフォーマンス・アーティスト・折元立身たちが行進する映像を見てから久しいが、今でもその姿が眼に焼き付いている。現代美術の前線で40年以上に渡り、国際的活動を繰り広げている折元立身(1946年川崎市生まれ、同市在住)の展覧会が、川崎市市民ミュージアムで7月3日まで開催されている。

 1990年代に、フランスパンを顔面に巻き付けた「パン人間」の路上パフォーマンスを世界各地で行って注目される。90年代後半に入ると、自身が介護するアルツハイマー症の母を作品に登場させた「アート・ママ」のシリーズを制作する。

 折元の作品は、さまざまなひとびと(世界各地の道行く人々、介護する母、おばあさんたち、入院している人々…)との即興的なふれあいを通して生まれる。

 本展では、著しい進境を見せた1990年代から今日までとどまることなく繰り広げられてきた折元の創作の軌跡を、映像、写真、グラフィック、ドローイングといった多彩な表現で紹介する。

[生きるアート 折元立身]展 TASUMI ORIMOTO ART×LIFE

会期 2016年4月29日(金)-7月3日(日)
会場 川崎市市民ミュージアム 企画展示室1・2
    
川崎市中原区等々力1-2(等々力緑地内)
    Tel 044-754-4500
観覧料 一般700円、学生・65歳以上600円、中学生以下無料、他
主催 川崎市市民ミュージアム

Orimototasumi_kawasaki_2016

art

ここにあるけしき−四つの小部屋から−
中澤美和/牧野真耶/松澤有子/村山まりあ

会期 2016年4月23日(土)-6月19日(日)
会場 藤沢市アートスペース
    
藤沢市辻堂神台2-2-2 ココテラス湘南6階
    Tel 0466-30-1816
休館日 月曜日
開館時間 10:00-19:00(入場は閉館の15分前まで)
観覧料 無料

主催 藤沢市 藤沢市教育委員会
後援 神奈川新聞社 株式会社ジェイコム湘南 藤沢エフエム放送株式会社
協力 公益財団法人藤沢市みらい創造財団 ココテラス湘南

 「けしき」という言葉から、何を思い浮かべたかを、4人の若手アーティストたちが絵画、インスタレーション、彫刻で表現した。自然の印象をテーマにしたもの、藤沢という土地からインスピレーションを受けて制作したもの、実在しない空想の世界など、彼らの作品を通して、あらたな「けしき」の発見を試みる。

Kokoniarukeshiki_fujisawa_2016

« 長編ドキュメンタリー映画『二十歳の無言館』 | トップページ | メアリー・カサット展 MARY CASSATT Retrospective »

展覧会」カテゴリの記事